にきびを治して笑顔を取り戻そう

ビタミン

ニキビの原因って?

正常に

にきび治療にはビタミン類の摂取が有効です。

B2はニキビの原因となる脂質の代謝を促す働きがあります。


不足すると皮脂分泌が過剰になり、皮膚表面のpHが
崩れて細菌に対する抵抗力が低下し、にきびが
できやすくなってしまいます。

楽しむこと

B6を摂取することで過剰な皮脂分泌を抑えます。

 

B6はたんぱく質の代謝を促す働きがあり、肌の正常なターンオーバーを助けます。
B2とB6は合わせて摂るとにきび治療により効果的です。


またどちらも水溶性で過剰な分は尿と一緒に排出されるので、こまめに摂ると良いです。
Cも過剰な皮脂分泌を抑える働きがあります。


また抗炎症作用によりにきびによる炎症を抑え、コラーゲンの
生成を促進してにきび跡が残るのを防ぎます。


Cは経口摂取だけでなく、C誘導体という形で皮脂に塗布しても効果があります。

にきび治療をしながら跡を残さず毛穴を引き締める効果もあります。

 

Eには抗酸化作用があり、にきびの元になる活性酸素の発生を抑えます。

 

CとEは同時に摂ることで効果が高まります。
またEは油溶性なので、油と一緒に摂るとにきび治療により効果的です。

 

またニキビは、新陳代謝をよくすることで、軽減されることもあるので
軽い運動をしてみることもおすすめします。

まずは毎日の生活を見直してみてはいかがでしょうか?